So-net無料ブログ作成

<漁船銃撃>船長2人10日逮捕 位置情報の通信切断の疑い(毎日新聞)

 北海道羅臼町の羅臼漁協所属の漁船2隻がロシア国境警備隊のヘリコプターから銃撃された事件で、第1管区海上保安本部は、漁船の位置情報を示す衛星通信漁船管理システム(VMS)が故意に切られていた疑いが強まったとみて、10日に道海面漁業調整規則違反の疑いで2隻の船長2人を逮捕する。

 これまでの1管や道の検査によると、第58孝丸(19トン)と第63清美丸(同)からのVMSの送信は1月29日の銃撃前、約4時間半にわたって途絶えていた。VMSは出港から入港までの間、常時作動させなければならないと定められている。【本間浩昭】

【関連ニュース】
露ヘリ銃撃:北海道の漁船を強制捜査へ 区域外操業の疑い
漁船銃撃:漁船が立ち入り禁止区域入り…ロシア側が反論
漁船銃撃:衛星位置情報が途絶 2隻、故意に切断の疑い
漁船銃撃:被弾の2隻、弾痕を隠す 事実を隠ぺいか
国後沖:露ヘリが日本漁船に照明弾

「『記録ある』と検事が虚偽説明」=石井議員への「報告電話」−厚労省元部長が証言(時事通信)
トヨタ 新型プリウス19万台リコール…午後に届け出へ(毎日新聞)
バンクーバー五輪、肥大化 「エコ」に逆行(産経新聞)
「検察捜査で明らかに」小沢氏、政倫審に慎重(読売新聞)
8億円落下…開発中の無人機、エンジン止まり(読売新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。